PaizaCloudクラウドIDEを使ってみる

クラウド開発環境のPaizaCloudクラウドIDEを使ってみます。今までこのサイトでは以下の記事から書いたWSL(Windows Subsystem for Linux)を使ってきました。これはプログラムの学習をこれから始めようとする方には難しいでしょうか。
Windows10でWSLを利用してLinuxを利用する(概要と有効化編)

ということで、もっと簡単であろうと思った環境構築として、PaizaCloudクラウドIDEを選んでみました。このPaizaCloudクラウドIDEは、クラウド上に存在する環境でブラウザから利用出来ます。いろいろなプログラミング言語を実行出来るpaiza.ioについても書きましたが、より自分で幅広く利用出来る開発環境が構築出来ます。無料プランもあるのでこれを使ってみます。(※但し今現在ですが、無料版は同じサーバ環境を24時間しか利用出来ません。またブラウザの連続利用が4時間までと限定的です。)

今回は何かを作るということではなく、ファイル操作やコマンド操作を使ってみようと思います。
続きを読む →

paiza.ioでプログラミング(その1)Python3で動作確認と入出力

プログラミングのオンライン実行環境であるpaiza.ioを使ってみます。(paizaの読み方は「パイザ」でいいようです。)プログラミングの学習を始める際にまず必要になってくるのが開発環境の構築ではないでしょうか。プログラミング言語によりそれぞれ開発環境が必要であったりするのでなかなか実際の学習が進まないということになります。

そこでオンライン実行環境を利用すればすぐに複数のプログラミング言語を実行出来て、いろいろと試すことが出来ます。そのオンライン実行環境もいろいろとあるのですが、ここではpaiza.ioを取り上げてみました。

paiza.ioを選択した理由は何と言っても日本語で利用出来ることと、オンライン実行環境以外に自分の開発環境、実行環境が構築出来るサービスのPaizaCloudがあったり、学習コンテンツも充実していると思ったからです。もちろんですが、全て無料ではなく有料のサービスもあります。
続きを読む →